明日は晴れるさ

 a0071722_17112060.jpg 今は9月の暑さのことをもう「残暑」などと表現してはいけません。今日の最高気温も34度を記録し、気も狂わんばかりの状態です。しかし夜中の最低気温はさすがに25度を下回ることが多くなり、かろうじて睡眠だけは確保できています。

 この夏は3度ほど唐津までの旧R202を車で走ることがありましたが、青い唐津湾にお目にかかることがありませんでした。エメラルドグリーンに輝くきれいな海は、いつも僕の心を和ましてくれていたのに。この運の悪さ、普段の行いがいかに悪いかが分りますよね。

 しかし、夕暮れのオドロオドロしい「曇り茜の空」も、見方を変えれば、何だか明日に希望をもたせてくれるようにも見えます。深刻にならずに、明日を明るく切り開こう!と言葉を投げかけてくれているのですね。よし、ストップしているブログ小説「あの蒼い夏に(この『やさしく歌って』ブログ内)」の続きを書き始めることにしよう。

 リストラの波に飲まれたSさん、K坊、Hちゃん、東京のKくんはじめ一緒に過酷でかつ楽しい時間を過去に共有した人たちと、「あの蒼い夏に」のなかでもう一度、あの青春の輝き(今から想えばだけど)を楽しく確認し合えるように頑張ります。(もう数話で最終回の予定だけど、ほんと最後まで続けるのって根性がいりますね)
[PR]
by hosokawatry | 2011-09-15 17:17 | やさしく歌って・自由日記


<< あの蒼い夏に〜チラシづくりの青... こころ和みます >>