黄昏時

a0071722_1317642.jpg 『65歳以上の高齢者の人口は2744万人で総人口の21.5%に達し、人口、比率とも過去最高を更新したことが、総務省が「敬老の日」(17日)にちなんで発表した推計(15日現在)で明らかになった。男女別では、男性1169万人、女性1575万人。男性全体の18.8%、女性全体の24.1%を占め、女性では「4人に1人がお年寄り」という状況に近づいている。80歳以上の人口も713万人と初めて700万人を超えた。』 以上、図も含めてasahi.comより抜粋

 65歳を高齢者と呼び、敬老の日の対象者とするのはかなり問題があるのかもしれないけど、シルバーエイジ層は確実に増えてきていますね。僕は父の日、母の日のお祝いとして一緒に食事をしたり花を買ったりはしていますが、敬老の日のお祝いはしていません。その「敬老の日」は日本だけのものだそうです。自分にとって、祖父祖母にあたる世代の人には「敬老の日」を祝ってあげられるんですが、親の世代はね、ちょっと…。

 a0071722_13174946.jpg 昨日の黄昏時は台風11号の影響だと思うのだけど、空の色の変化をたっぷり楽しめました。黄色からオレンジ、そして赤、最後にピンクっぽい色への変化。雲の陰と切れ目から覗く目に痛いぐらいの青空。おどろおどろしい色彩です。おそらく、枕草子の時代なら、この黄昏は一大事と、祈祷師の活躍する場面となったでしょう。

 自分にとっての人生の黄昏時はまだまだ遠いと思うけど、その時期を迎えることになってもいい色を放っていたいなと。まあ、それはいいとして、お年寄りを思いやる気持ちだけは無くさないようにしようと思います。当たり前のことなんですが、しかし、当たり前のことってやろうと思ったら結構難しかったりしますね。だから、こうやって無理矢理、意識を持とうとしているのかもしれません、僕は。
[PR]
by hosokawatry | 2007-09-17 13:20 | やさしく歌って・自由日記


<< ひまわりのような笑顔に包まれて 顔の色も赤く輝く季節 >>