ヒヨドリが鳴く能古島

a0071722_9433744.jpg 雲ひとつない青空の中、さざ波の軽やかな音の先に「能古島(のこのしま)」が静かに横たわっています。いつもはウォーキングの途中、小戸公園から博多湾を望む風景の真ん中に収まっている島です。若い頃、井上陽水が歌っていた「能古島の片想い」が好きで、よくギター片手に歌っていたのを思い出します。

 勤労感謝の日の青空に誘われて、その能古島までウォーキングの足を延ばしました。久しぶりに歩数計を腰につけて自宅をスタート。姪浜港の渡船場まで2,200歩程。220円のフェリー渡船代を払い、10分程のミニ船旅。高校生のグループから熟年夫婦まで、様々な取り合わせの楽しそうな声で船内は満たされます。

 船着き場から北東最先端部にあるレジャー施設「のこのしまアイランドパーク」までは2.6km。しばらくすると上り坂になり、最後まで続くのでいい運動になります。ほとんどの人はバスに乗ってアイランドパークへ。僕はレジャー施設へ入園せず、そのまま誰も向かわない島の北西部(裏側)をぐるっと一周の散策路コース。

 途中、帰路すぐに出くわす、最後の無頼派といわれた作家「檀一雄」の記念碑まで足を運びました。死の5日前の絶筆となった句の石碑に目をやりますが、残念ながら達筆のため「もがり笛…」と頭の部分しか読み取れません。「ピ〜ョ」と姿を見せないヒヨドリが鳴く中、木漏れ日が樹々に反射して、静かな陰影の中で自然が美しく輝いていました。帰路は3.6(? 記憶力が悪くなりました)kmの道のりですが、下り坂なので息が上がることはありません。お腹が空いた正午過ぎ、帰りの船を待つ渡船場で「サザエ丼」をいただきました。630円なのに、沢山サザエが入っていて美味しかったのでおすすめです。つい、ギャル曽根みたいにガツガツ食べてしまいました。

自宅から18,421歩、3時間42分、1,070円のとても楽しいミニハイキングの旅でした。
[PR]
by hosokawatry | 2007-11-25 09:52 | やさしく歌って・自由日記


<< 12月のカモシカ 桜の落ち葉とシイの実 >>