母の日

a0071722_2082268.jpg 小戸公園のヨットハーバー側にある球技場の周りには、シロツメクサ(クローバ)がいっぱい咲いています。野球をやっている少年たちの声が、散歩途中の僕に懐かしい思いを運んでくれます。幼い頃の野原の想い出は白いクローバーの暖かい四月(五月だったかな?)。

 女の子たちは白い花飾りを編んだりしていましたが、僕たち男子は相手の茎を切った方が勝ちという勝負に夢中になっていました。そして、その後、四葉のクローバーを必死になって探しました。気になる女の子に振り返ってもらうために、幸せのクローバを懸命に探しました。

 僕はけっこう見つけることが上手だといわれましたが、見つけた数だけ幸福に出会えたかどうかわかりません?中学以降、いつもタイミングを逸して、言い出せないままの何度かの失恋。とても悔しかったけど、時間がゆっくりと解決してくれました。今は懐かしい良い想い出です。

 母の日に唐津の妻の実家で一緒に食事をしようと、美味しい惣菜を探しにデパ地下に行きました。少し照れるけど、男一人で博多大丸の地下へ。「へぇ、これ、美味しいわね」と喜んでもらうために沢山の店から気に入ったものを少しずつ買い入れてきました。
[PR]
by hosokawatry | 2009-05-10 20:09 | やさしく歌って・自由日記


<< 曇天後、笑顔 西区の博多どんたく >>