2007年 09月 10日 ( 1 )

顔の色も赤く輝く季節

a0071722_117414.jpg 秋は、夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに……。
随筆「枕草子」で清少納言は,秋は夕暮れが素敵だと主張しています。秋空は,空気が澄んでいるので夕方の夕焼けもきれいに見えますね。

 夕焼けが赤いのは、夕方は地球の大気に斜めから光が差し込むので、光は大気中を長く通過することになるからだそうです。その時、青い色は大気中の水蒸気やちり等に衝突して散乱してしまうので、遠くまで元気に届く赤やオレンジ色だけが僕たちの目に届くのだとか。

 やっと寝苦しさから解放されてきました。熟睡が出来にくくて、困り抜いた夏とこれでお別れです。夜さえキチンと眠ることが出来れば、昼間の気温30度くらいはヘッチャラ。夕方の空を眺め、オレンジ色がきれいだな〜と思えるくらい、心の余裕を取り戻すことができたようです。

 季節は食欲の秋に突入。そしてアルコールはビールから焼酎へバトンタッチ。「脂肪肝を改善したいのなら、週に2日続けてアルコールを控えなさい」と医者から言われているものの、それがいっそう守りにくくなる季節でもありますね。熱々のサンマの塩焼きにかぼすをギュッと絞って、芋焼酎でやる晩酌もたまりません。すぐに顔の色も夕焼けのように赤く輝き始めるのです、フフッ。
[PR]
by hosokawatry | 2007-09-10 01:20 | やさしく歌って・自由日記