2007年 10月 28日 ( 1 )

足下の静寂

a0071722_17471455.jpg 外周が2キロメートルの大濠公園は、福岡市におけるジョギングのメッカといえるかもしれません。傾いた西日を受けながらゆっくりと自分のペースで走る市民の姿が目に入ります。大濠高校の野球部員が大濠公園から道を隔てた自分の高校の方に帰っていきます。

 公園内に黄色い愛嬌をふりまいてくれた「ひまわりプロジェクト」の花も枯れ、21日に採種されました。遅れながらも季節は約束をひとつ果たしたのです。ボートハウスの先から橋を渡り、中央の島に向かうと韓国の修学旅行(?)の少女たちがはしゃぎながらデジカメ撮影。アダチ宣伝社の人かな? チンドン流サックスの練習の音。そしてルアーを振る少年たちの声。

 日本庭園は大濠公園内の福岡市美術館南側にあります。大濠公園の開設50年を記念して作られた築山林泉式回遊庭園だそうです。僕には庭園の様式など全くわかりませんが、静かだし心が落ち着くので大好きです。庭内には数奇屋造りの茶室などがあり、ずいぶん昔に素麺のイメージ撮影でこの苔むす庭をお借りしたことがあったな〜と、懐かしくなりました。

 郊外の紅葉観賞に多くの時間をさけない人は、この日本庭園がいいのでは。カエデ類の木があるので奇麗かもしれません。都心部の足下で240円払えば静寂が楽しめるというわけ。すごく贅沢でしょ。僕はちゃっかり先日の「緑化…記念?」で無料の日に利用させてもらいました、へへっ。
[PR]
by hosokawatry | 2007-10-28 17:50 | やさしく歌って・自由日記