<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

黄砂?の百道浜、ホークスは視界良好

a0071722_198498.jpg  ちょうど正午近くに西区の愛宕山頂の愛宕神社から、百道浜の方を眺めてみました。今日は朝は雲が多かったものの、この時間は快晴です。室見川を挟んで2〜3キロメートル先に見えるのが福岡タワーやシーホークホテル(今は、名前が変わっているかも)などの建築物です。

 以前はこの場所から、シーホークホテルの横に、赤銅色に輝く福岡ドーム球場(ヤフードーム)がけっこう大きく見えていました。ところが最近はその前に高層マンションなどが建ってしまい、ドームは隙間から覗く程度になりました。

 特に今日は、黄砂でも舞っているのか、まるで春霞のように百道浜がぼうっと霞んで見えていました。今日はヤフードームでホークス対ドラゴンズの試合があり、ホークスがサヨナラ勝ちしました。良かった、良かった。霞を吹き飛ばすような最近のホークスの勢いですね。

 プロ野球セパ交流戦も今日までで、8勝1敗1分となり、交流戦はダントツの一位です。地元のホークスファンなので最近は気持ちよく過ごせています。負けると気分も悪くなるので、本当はけっこう熱いファンなのかもしれません。今夜の芋焼酎は美味しく飲めそうです。ふふっ。
[PR]
by hosokawatry | 2009-05-31 19:13 | やさしく歌って・自由日記

夏を待つ、生の松原海水浴場

a0071722_15273724.jpg 久しぶりに海岸を歩きました。福岡市西区今津湾の元寇防塁跡を西に向かうと、生の松原海水浴場があります。投げ釣りをしているおじさんが一人います。JR筑肥線(姪浜ー唐津)の下山門駅(姪浜駅の次の駅)から歩いて5分くらいのところにある、都心部から本当に近い海水浴場です。

 今津湾は博多湾の西側部分に当たり、糸島半島の東側です。1〜2キロメートルもあるのかしら、松林とともに白砂の海辺が遠くの方まで続いています。基本的には博多湾内なので、夏は波も穏やかで、ファミリー海水浴にぴったりだと思います。

 毎年、夏になると大きな海の家が設営され、トイレやシャワー設備、飲食設備が整います。一昨年は二つの海の家を見かけました。しかし、昨年夏は来場客が減って採算がとれなくなったのか、海の家は建てられませんでした。白くて広いバルコニー風の屋外テーブルが気持ち良さそうだったのに、残念ですね。この夏はどうでしょう?

 沖縄はもちろん、こちらでいえば壱岐や五島の澄んだ海よりも透明度は落ちますが、ちょっとした海水浴、浜遊びには十分です。トイレさえあれば安心して泳げるので、「海水浴の期間だけ、簡易トイレを福岡市の予算で何とかできないものでしょうか」と思ったりしました。
[PR]
by hosokawatry | 2009-05-24 15:35 | やさしく歌って・自由日記

曇天後、笑顔

a0071722_17261821.jpg 電線を鳴らしながら雨を降らせた昨夜からの低気圧が、低い山にも雲をかけています。五月晴れなら気分良いのに、ぶつぶつ。R202を糸島の方に向かうと、次々に車が吸い込まれる施設があります。JA糸島産直市場「伊都菜彩」です。水汲み帰りの僕もつられて、思わずハンドルを切ってしまいました。

 以前の農産物直売所は、道沿いにポツンと小さく佇んでいるという感じでした。今では地域の肝いりで、大きなスケールのものが各地に多く見られるようになりました。生鮮食品なら何でも手に入りそうです。駐車場入り口に「大漁」と書いてあったので、今日は魚が豊富に入荷しているのでしょう。駐車場はぎっしりです。

 ワクワクしながら店内に入ると、糸島で有名な蘭の花をはじめ奇麗な花々が迎えてくれます。花好きの人にはたまらないですね。新鮮な野菜や果物が店内に溢れかえっています。グリーンピースご飯が食べたくなったので、むいた奴を一袋買いました。さや入りのソラマメが目に入ります。う〜っ、茹でたらビールに最高だろうな!

 鮮魚コーナーでは、4月に釣り損ねた30数センチの「チヌ」が500円。地元で作った弁当やお菓子、漬け物や様々な加工食品。見ているだけで、何だか元気になりますね。夫婦で買い物をしてる人も多く、みんな楽しそうです。混み合う店内なのに、連れ合いの男性の顔にも笑顔がのぞいています。
[PR]
by hosokawatry | 2009-05-17 17:30 | やさしく歌って・自由日記

母の日

a0071722_2082268.jpg 小戸公園のヨットハーバー側にある球技場の周りには、シロツメクサ(クローバ)がいっぱい咲いています。野球をやっている少年たちの声が、散歩途中の僕に懐かしい思いを運んでくれます。幼い頃の野原の想い出は白いクローバーの暖かい四月(五月だったかな?)。

 女の子たちは白い花飾りを編んだりしていましたが、僕たち男子は相手の茎を切った方が勝ちという勝負に夢中になっていました。そして、その後、四葉のクローバーを必死になって探しました。気になる女の子に振り返ってもらうために、幸せのクローバを懸命に探しました。

 僕はけっこう見つけることが上手だといわれましたが、見つけた数だけ幸福に出会えたかどうかわかりません?中学以降、いつもタイミングを逸して、言い出せないままの何度かの失恋。とても悔しかったけど、時間がゆっくりと解決してくれました。今は懐かしい良い想い出です。

 母の日に唐津の妻の実家で一緒に食事をしようと、美味しい惣菜を探しにデパ地下に行きました。少し照れるけど、男一人で博多大丸の地下へ。「へぇ、これ、美味しいわね」と喜んでもらうために沢山の店から気に入ったものを少しずつ買い入れてきました。
[PR]
by hosokawatry | 2009-05-10 20:09 | やさしく歌って・自由日記

西区の博多どんたく

a0071722_8392931.jpg 五月の三日・四日(二日の前夜祭は含まないのかな?)で全国から200万人以上の観光客を集める博多どんたく。今から830年前に始まったといわれる「松ばやし」がその起源らしいです。福岡市民の祭りとして定着して、今年で48回目を迎えました。

 どんたくで有名なのは都心部でのパレード隊の練り歩きですが、市内の各所に設けられる演舞台も熱気があって面白いものです。近所のおばちゃんの踊りやフラダンス、歌、ちびっ子たちのダンスもありで、みんなそれぞれに楽しんでいます。

 この演舞台は市内に30数カ所設置されていて、僕の住んでいる西区には姪浜駅前の舞台があります。ちょうど能古島在住の人のフォークグループの演奏真っ最中。おじさんグループだけど、充分に聴きごたえがありました。

 地場の特産品(無農薬野菜やおにぎり、玄界灘のイカ焼きなどなどたくさん)に多くの人が集まっていました。イカ焼きの甘い匂いが漂う中、市内周辺の博多どんたくは進行します。みんな楽しんでいるなぁ。初夏のいい風景です。
[PR]
by hosokawatry | 2009-05-05 08:43 | やさしく歌って・自由日記