<   2009年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ロング・グッドバイ

a0071722_11212283.jpg 私立探偵フィリップ・マーロウが登場する、名作「ロング・グッドバイ(長いお別れ)」。大好きなハードボイルド探偵小説のタイトルです。「暗殺者」などのスパイアクションものとともに、よく読んだジャンルの本です。ストーリーの記憶が途切れるほど過去の読書体験になってしまいましたが、一ヶ月前に違う意味の「永いお別れ」をすることになりました。

 腎臓透析患者であり、様々な病気も併せ持っていた割には元気だった義理の父が急に亡くなりました。大好きだった唐津くんちのお囃子を、今年は聴くこともなく…。楽ではなかったでしょうが、ベッドの上で、死ぬ直前までエッセイや俳句の発表を続けていました。ウイットに富む作風を好み、エッセイ部門で複数回、佐賀県文学賞を受賞したことのある文章の「達人」でした。小説を書くんだとイキガッテいる僕の大先輩な訳です。

 結果的に頭取や役員への出世をあきらめることになる労働組合活動。部下のために費やされた多くの時間。実家で行った通夜には数多くの弔問者で、平日にもかかわらず、その列が切れることがありませんでした。葬儀が終わったあと、昔、部下だった女子行員のかたがたが、仕事後の夜遅くに見えられて手を合わせていかれました。義理の父の過去の仕事ぶりが忍ばれて、胸が熱くなりました。

 義理の父は近況をつづった年賀状を毎年印刷していました。今年の元旦に届いた年賀状には「私は高所恐怖症なので千の風のようにはなれません。お墓の前で焼酎とイカの塩辛で一杯やっているだろうから、所用の方はそちらの方で」のような悪い冗談が記されていました。もう、自分の時間が分かっていたのでしょうね。僕のブログへの「長かったお別れ」も今日で終わりにしようと思います。また、駄文を発信します。
[PR]
by hosokawatry | 2009-11-09 11:23 | やさしく歌って・自由日記