<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シュールな黄昏

a0071722_1924038.jpg 薄暗くなりかけた日曜日の小戸公園。海沿いの歩道を歩いていると、釣り竿を手にして帰路につこうとしている家族のシルエットに出会えます。ヨットハーバーの横を流れる十郎川の河口沿いの堤防では、一日の最後の明かりを頼りにまだ竿を振っている人がいます。何を釣っているのだろう。カレイかな? 

 小戸公園から隣のマリノアシティまで「何歩」歩いたら着くだろうか? と、突然湧いた疑問に答えようと、かってに足が動き始めました。100歩歩くごとに左手の指を一本ずつ曲げて、歩数を記録していきます。マリノアのネオンサインがやっと見えてきました。1023歩です。汗を感じます。

 いつも見る昼間のマリノアと雰囲気が全く違います。発光するネオン管がシュールな世界に導こうと手招きをしているようです。ずいぶん前に見た映画「バグダッド・カフェ」で引き込まれたあの感覚が蘇ります。圧倒的な色彩、斬新な映像美。オレンジとブルーはどうしてこんなにドキドキさせてくれるのだろう。2種類の血管の色だから? 

 夕方のウォーキングは明かりがあればほっとします。帰りの道沿いに灯りがついた民家から、カレーの匂いが流れてきます。小戸交差点の信号を渡るとき、去年この場所に現れたというイノシシのことを思い出しました。無事に、山の方に帰れたかな? それとも能古島まで島の灯りを目指して泳いで逃げたかな? まさか。
[PR]
by hosokawatry | 2010-02-09 19:07 | やさしく歌って・自由日記

願い

a0071722_1173854.jpg スカッと晴れない日が続きます。解決されていない日頃の問題に、新たな悩みが加わったりと、心模様もどんよりとした冬の曇り空。成人病検診で中性脂肪と腹回りで引っかかり、一日1万歩を目指して歩くように指導されました。歩かねば、歩かねばと思いながらも、北風の吹く小戸公園を歩く気になりません。う〜ん、やっぱり心が弱いな〜。

 優れたスポーツ選手は運動能力もさることながら、その思いを遂げようとする強い心に凄さを感じます。目的を達成するために邪念を振り払い、そのための苦しい努力を重ねます。プロのスポーツ選手ではなくても、やっぱりその道(仕事)のプロなんだから、体調には気を配って当然。だとすれば、曇り空で気分が晴れないからウォーキングはやめようなんて、問題外ですね。

 ソフトバンクホークスの斉藤和巳投手が回復しない肩に、またメスをいれると彼のブログに書いてありました。2006年10月のパリーグ・プレーオフ第2ステージ第2戦。日本ハムファイターズとの負けられない試合で、力投したホークスの斉藤和巳投手。9回投げ抜いてもなお151Kmを計測した炎の投球と、最後の内野安打(森本がホームを駆け抜けた)に力が尽きてマウンドで泣き崩れたあのシーン。僕は忘れることができません。

 斉藤和巳のことを考えていると、気合いが入ってきました。よ〜し、せめて近所だけど、図書館まで歩くか。と、結局今日の日曜日、歩数計は5273歩でした。先週末、櫛田神社の鳥居のおたふくをくぐってきました。節分前でしたが、観光客を含め境内には参拝の人が少なくありません。今年はやる気(小説やウォーキング)を切らさないようにと願ってきたのに、早くもふらつく情けなさ。和巳の肩の手術だけは、ぜひ成功しますように!
[PR]
by hosokawatry | 2010-02-01 01:24 | やさしく歌って・自由日記